非常時にも冷静に!災害への準備をしよう

数年前に襲った大規模な震災の生々しい記憶は、時間経過に伴って褪せてくるものです。

ところが自然災害は忘れた時期になって生じるものでもあります。

その為日常のうちから自身の周りで災害への対策があるように用意して置く事は大変大切で、この様なことはやはり家長が先駆けてするのが有効だと思います。

圧死の他に、調度品転倒により逃道をなくし、建物の外に避難ができないと言う問題もよく起こります。

調度品の倒れこみ防止の為のアイテムが色々とありますので、ぜひ買って壁などに据えつけてください。

職場或いはおうち等にある家具類に関して再度確認し、転倒を未然に防ぐ為のグッズを取り付けることですとか専門業者へ作業を依頼する事、もしくは家全体に行う耐震作業を指して事前減災と呼びます。

時間がある時に調べてみましょう。

バリテインが勝手に送って来る